「ゲームブログ」稼げない失敗例から見る稼ぐコツ

GAME SITE

巷ではゲームブログは稼げないってのが通説になってるけど本当なの?やっぱりゲームブログは難しいのかな?なんて思ってませんか?

分かります。
ゲームブログで稼ごうと思い立ち、ネットで色々と検索していると、どうしてもネガティブな情報しか出てきませんよね。稼げないって意見がほとんどだし。

しかし、ハッキリ言わせてもらえば「ゲームブログ」は手法さえ間違えなければ必ず収益を上げることが可能です!と断言させてもらいます。
それは、すなわち「稼げる!」ということです。
私は複数のゲームブログを運営し収益化する中で稼げることを確信しています。

失敗もたくさん経験してきました。
そのような失敗を例にとり解説していくので、失敗例から改善すべきポイント、稼ぐためのコツを感じていただければと思います。

稼げないゲームブログあるある

稼げないゲームブログの失敗例として多く感じるのは以下のポイント

  • ライバルサイトと同じことをしている
  • 記事数が足りない
  • キーワードを考えてない
  • 専門用語・略語が多用されている
  • 継続されてない
  • 日記のような記事
  • サイトがユーザーに優しくない

ひとつずつ見ていきましょう。

大手サイトと同じようなことをしている

似たような大手サイトの話です。
私も攻略記事には一定のルールがあるかのように大手と似たような記事を書いている時期がありました。
これが失敗だと気づいたのには大手の特徴を考えてみたからです。
大手の企業系サイトは

  • 情報がすぐ記事になる「スピード」
  • 投稿の効率化による「記事ボリューム」
  • 大手という「安心感」
  • 関連記事もたどりやすいサイト設計による「利便性」

この辺にお金をかけ徹底して作りこんでいます。

個人ブログが普通に同じことをしていても勝てそうにないのは分かると思います。
戦うには個人にしか取れない戦略をとることです。
大手に勝つための戦略をまとめています。興味がある方はどうぞ。
>>【ゲームブログ】大手に勝つために意識する7つのポイント

記事数が足りない

記事数が多い=キーワードが多い

ということです。
SEO(サーチエンジン最適化)は陣地の取り合いみたいなところがあります。
広くカバーできていると、その分検索から見に来てくれることも多くなり結果、訪問者数の増加そしてPV数の増加につながります。

PV数の増加は直で収益を左右するので、その効果はダイレクト。
やみくもに記事を書くのは違いますが、記事の量を増やすというのはゲームブログが最初にやるべきことのひとつです。

他にも記事の量が多いとユーザーから、そのゲームが本当に好きなんだなと思われ、記事の信頼性が上がりひいてはファンが付くなんてこともあるくらいです。

継続していない

前段の内容にも通ずるのですが、継続(定期更新)することで、サイトの信頼性は上がり続けます。
するとリピーター、ファンの獲得につながり収益も安定します。
ファンやリピーターは新しいイベントや更新があるたびに真っ先に見に来てくれるので、これも収益の安定化につながりますね。

キーワードを押さえてない

前段でSEO(サーチエンジン最適化)とキーワードという言葉を出しましたが、ここで重要視するのはタイトルのキーワード。

キーワードに重要なのはユーザーがどのようなキーワードを検索窓に入力するか想像すること。
例えば
○○というアイテムが欲しいとき、検索窓にあなたなら何と入力しますか?
多分「ゲームタイトル 〇〇 入手方法」なんて入力しませんか?
それなのにタイトルが「○○サクッととれるよ」みたいになると個性は出ますが先のキーワードでの検索では上位表示は難しいでしょう。

なので検索するキーワードをイメージしてタイトルに加えていくのが大切です。
そしてタイトルさえもユーザーにとっては攻略記事であることが必要なのです。

専門用語・略語が多用されている。

これも想像力がかけていると陥りやすいのですが、特定のゲームタイトルでゲームブログを運営していると、そのゲームの内容が当たり前になってしまい、略語や専門用語が誰にでも通じるような感覚になってしまいがちです。

こんな時に注意なのがサイトを見に来てくれているのはゲームを熟知してる方(ヘビープレイヤー)ばかりではないということ。

ともするとゲーム情報をネットで検索するのは初心者の方(ライトプレイヤー)が多いかもしれません。
ヘビープレイヤーは略されていない単語や説明付きの専門用語でも内容は理解できるけど、ライトプレイヤーは略語、専門用語は理解できません。

ということはヘビー、ライトどちらのプレイヤーにもわかる言葉で書けば、よりたくさんの方に読んでいただけるってことですよね。

日記的な記事

ある程度アクセスがあり認知度があるなら大丈夫な場合もありますが、結局のところユーザーは何を欲しているかというところなんですね。

ユーザー、特に初見のユーザーはゲームの情報を手に入れたいのであって、見知らぬ誰かの情報なんて見つけにきてません。そう考えると日記的な記事は極力なし、もしくは限定的にと言った方が良いようです。

しかし、最近ではこの考えも違うのかも…と思っています。
最近の流れでは、どの個から発せられた情報か?というのも大事になってきているような気がします。
今後は、その流れがより顕著になるのでは?と思っています。

サイトがユーザーに優しくない

これはユーザーの利便性のところです。
サイトの見やすさといった感じです。

アドセンスに頼りがちなサイトでは広告の閲覧数によって収益が左右されるので無駄に広告をべたべた貼ってしまいがちです。
カテゴリや関連記事のリンクや場所が分かりづらくなっていることも多いですね。

もしアドセンスの収益をもっと増やしたいと考えるなら、広告をべたべた大量に貼るのではなく、ユーザーが快適に目的の情報までたどり着けるようにリンクの所在をはっきり示したり、関連記事をスマートにオススメしたりとサイト内を回る率(回遊率)を上げた方が、より有効です。

まとめ:稼げるサイトになるために

上記からみて稼げるポイントをまとめると以下

稼げるサイトになるためのコツ
  • 個人の強みを生かそう
  • 短くてもいいので細かい情報を
  • 継続・定期更新を心がけ、記事を量産しよう(情報を網羅すると必然的に記事が増える)
  • 最初の内は自分語りをせず、ゲームの情報発信に努めよう

一番大事なのは継続です。
継続することによって記事の質は必ず上がるし、サイトの作りも改善していけます。
記事の量も積みあがって行きます。
それに従ってサイトの閲覧数も必ずついてくるはずです。

改善しつつ継続。
これに尽きます。

コメント

  1. 花立花 より:

    やはりゲームブログで記事書くにあたって、まだそのゲームで遊んでいない人でも、すんなり読める内容で書かないと、、ですね。

タイトルとURLをコピーしました