ネタ切れの時「最低3記事書ける」ツールと情報源の探し方

GAME SITE

書くことがない 書くことがない 書くことがない 書くことがない 書くことがない 書くことがない 書くことがない 書くことがない 書くことがない 書くことがない 書くことがない 書くことがない 書くことがない 書くことがない

わかった汗そんな時のネタを見つける方法を紹介します。

ちなみに私はゲーム攻略サイトを複数運営しすべてのサイトで収益を上げています。
そんな私が日ごろからネタを集めている方法を教えます。

記事の内容
  • SNSをフォロー
  • 公式サイトをチェック
  • 関連キーワードを埋める
  • 知恵袋もあり

結構、ぶっちゃけて書くつもりです。

ネタに困ったら

とりあえず最初に気に留めておいて欲しいのはゲームサイトに限った話になりますが「ネタは常にプレイに落ちている」ということ。
ここで自分が攻略した内容や体験したことが一番、信ぴょう性があり、新鮮な情報です。
これは肝に命じておいてください。
今から紹介するのは、どうしてもゲームの中からネタが出せなかった時に参考にする程度で利用する手法です。

SNSをフォロー

最近はゲームタイトルの公式アカウントを運用するなど、こぞってSNSを活用しTwitterだけでなくインスタグラムやFacebookなども、幅広く利用されています。これをネタの入手元にしない手はないです。

例えばモンスターハンターなら▼が公式アカウント

ちなみに世界へ向けて販売しているようなタイトルは、国内と海外への発信は別アカウントに分けられていることも多いのでどちらもフォローしておくと良いです。

しかし、もっとやっておくといいポイントを1つ。
公式にアカウントのフォロー数を見てみます。いいですかフォロワー数ではなくフォロー数です。
すると、数名、公式アカウントがフォローしているアカウントがあります。
これは関連アカウントっぽいのでこれもフォローしておきます。これらから情報がでることも多いです。

そして、少し根気がいりますがフォロワーのアカウントも覗いてみます。
すると開発者とおぼしきアカウントがある場合があります。
これらは、まれに情報の最初の出どころになることもあるのでフォロー必須です。
まれに公式が開発者のアカウントをリツイートしたり、リプライしたりもあるので注視しといた方が良いです。

公式サイトをチェック

公式サイトにはブログを兼ねているようなものも多く、そこから情報を発信することが多いです。
いち早く情報を仕入れることができます。
特に洋ゲーを扱う海外の公式サイトには、そのようなものが多いです。
例えば「Electric Arts」

>>Electronic Artsホームページ- 公式EAサイト

英語が得意なら海外のゲームサイトを覗いてみるのも良いです。
と言われてもどうやって海外のゲームサイトを探したらいいのかわかりませんよね?
実は国内のゲームサイトを見てください。
すると記事下に引用元とかソースとか書かれてリンクが貼ってありませんか?
それが海外のゲームサイトへのリンクなのです。
洋ゲーだと海外のゲームサイトに先に情報が上がることが多いです。
その情報を有名大手のゲームサイトも参照して 国内向けに報じることが多いのがわかりますね。
意外と大手もそういうところを情報源としています。
まぁ超が付くほどの大手はちゃんとパイプがあるのでしょうが。

関連キーワードを埋めていく

関連キーワードを埋めるといっても関連キーワードって、どうやって調べるの?となりますよね。
そんな時に使えるツールです。それが
>>関連キーワード取得ツール

このツール「Googleサジェスト」と呼ばれるキーワードを使って検索した時に、そのキーワードと一緒に良く検索されるワードが表示されますよね、そのワードを一括取得してくれるツールです。
これが非常に便利。
ワードを入力すると五十音順やアルファベット順でキーワードがズラーっと表示されます。
この表示された関連キーワードを使って書いていない内容のものがないか見ていきます。
書き忘れていた箇所を補完していくイメージです。

Yahoo知恵袋も割とあり

Yahooが運営するYahoo知恵袋もネタの良い入手先になります。
知恵袋と言えば、疑問の集まる場所。
それはゲームも然り。
質問する敷居も低いので、これを疑問に思う人もいるんだーとネタを考える視野が広がります。
自分では迷わなかったことも、迷う人がいるってことが理解できます。

まとめ

ネタを見つける方法は5つ

  • ネタは常にプレイの中から見出す
  • SNSをフォローしよう←開発者まで
  • 公式サイトをチェック←海外サイトは情報が早い
  • 関連キーワードを埋めていく←ツールを使って確実に
  • 知恵袋もあり←ネタを感知する幅が広がる

以上を使って賢く有益な情報を書き続けることが大事です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました