ゲームブログ運営の方針を決めよう「超重要」

Game Blog

ゲームブログを開始する準備が整ったら、まずはブログの方針を決めましょう。
方針とは、大量にあるゲームタイトルの中から1つのタイトルに特化するのか、全てのゲームをフォローできるよう網羅するのか、ゲームタイトルはニッチなものがいいのか、メジャーなタイトルがいいのか、その辺りについて書いていこうと思います。

私は現役で3つのゲームブログを運営しています。
収益は副業ということもあり100,000ほどですが、本業に影響しない範囲の作業で収益化できています。
ゲームサイトというと、スピードや作業量の割に収益が少ないというイメージがありますが、私は平均すると1日1時間程度で先の収益を獲得しています。

あと、このブログはスマホゲームでのゲームサイト運営ではなく、PCゲームやCS機のゲームを題材としたゲームブログ運営について書いています。

では本題です。

サイトの方針

サイトの方針を決める上で超重要なのがゲームタイトルの選定、そして扱うゲームの数です。
それぞれのメリット・デメリットを解説しつつ見ていきます。

ニッチ or メジャー?

私が思うのは「自分の好きなゲーム」を扱うのが1番だということ。
これには理由があって、ゲームブログを運営するにはゲーム内の用語を理解していなければなりません。

例えば「チャージ」という言葉が出てきたとします。
チャージという言葉には「充填」や「充電」といったイメージがありますが、あるゲームでは「チャージ」は攻撃の意味を持つことがあります。

そういった場合、どこかで見つけた攻略法の中に「○○をチャージします」という文言があった時、○○を「充電」すると書くか「攻撃」すると書くかでは、全く別の内容になってしまいます。

なのでゲーム内の用語を知っていることが攻略記事を書く最低条件なのです。

そして、ゲームの用語や仕様を覚えるにはプレイが絶対にかかせません。
このプレイするっていうのが意外と続かないです。
ゲームに飽きるっていうのは誰しも経験があることと思います。
そうならない為にも「自分が好きなゲーム」というのは大事なことです。

ですが必ずしも好きなゲームが無いなんていう方には「プレイ人口」から選ぶという選択肢もあります。

ゲームタイトルには、プレイ人口という指標があります。
CS機ではプレイ人口を調べるのは難しいのですが、PCゲームに関してはプレイ人口を調べる方法があります。
それが▼

STEAM CHARTS

これを元にタイトルの選定に入ります。
参考にするのが「Top Game」の欄。これは現在の接続数のトップ10が表示してありますが、この中から、ニッチでもないメジャーでもない現在のプレイヤー数が「5桁」、トップ3~5くらいのゲームを狙ってみてください。

当たり前ですが、メジャーなタイトルはプレイ人口が多く情報を欲するプレイヤーも多いでしょう。ですが、その分攻略サイトも多くなります。ということはライバルも多くなるということ。
逆にニッチなタイトルはプレイ人口の少なさに比例して情報を欲するプレイヤー、ライバルサイトも少なくなります。

そこで、その間の「中間層」を狙います。
この中間層のゲームタイトルだと、プレイヤーもそこそこいる、ということはライバルサイトもそこそという感じです。
そのくらいの数のライバルなら少し工夫するだけで簡単に蹴落とすことが可能です。

実際、私自身のブログも、中間層の”とあるゲーム”で老舗のサイトをぶち抜いて検索上位になっています。
逆にメジャータイトルでは大手のサイトが関与していることも多く、それを上回るというのは現実的ではないです。

複数のゲーム?1つのゲーム?

ここでの指標は作業量とキーワード量です。
もし完全に暇を持て余しているのなら、複数のゲームタイトルでもいいですし、何ならジャンルで特化してみても良いと思います。
恐らくキーワードの量が増えるので検索から流入してくる訪問者の数は増えるはずです。

ただし、ひとりでやるのなら作業量は半端ないことを覚悟したほうがいいです。
調べたところアクセス数上位の個人で運営されている複数のゲームを扱っているサイトは軒並み1日の投稿数が10前後となっています。
この量、私のサイトの1記事の文字数が大体500~1000文字程度になるので、1日に5000文字~10000文字書く必要があります。

この作業を副業の範囲で行おうと思うなら恐らく睡眠時間を削るなどの必要があると思われます。

まとめ

以上のようにブログの運営方針を決めるのは非常に重要なポイントです。
方針によって作業量、集客力、ライバルが決定されると言っても過言ではありません。
しかし、結局はプレイもブログも継続が肝となるので、まずは自分の好きな継続してプレイできるゲームを選んで始めるのも良いかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました