ゲームブログ運営「読者が逃げない」5つの考え方

GAME SITE

今回の記事はちょっと趣向をかえてマインド的な話をしたいと思います。
ゲームブログを運営する上で、信頼の構築っていうのは最も大切な部分です。
ゲーム情報が間違っていないことは”当たり前”として、どういうことに気をつけながら日々、記事を書いていけば良いのか思考法を見ていきます。

記事の内容
  • 稼ぐにフォーカスはNG
  • 疑問点は無限
  • 自分語りはいらない
  • 運営の批判は×
  • ゲーマーは賢い

となっています。

読者が逃げない思考法

今から紹介する思考法はゲーム攻略サイト運営歴4年になる経験からきています。

稼ぐにフォーカス←すぐバレる

収益化を試みようとすると必ずと言っていいほど、欲が出てきてしまいます。
そうなると広告をあちこちに張り付けてしまいがち。
ですが、自分に置き換えてみた時どうでしょう?
そんな、あちこちに広告が張り付けられていたら…
私なら、信用できなくなってしまいます。
稼ぐことは運営側にとっては大事なことかもしれませんが、ほとんどの読者には不要なもの。

広告はさりげなく設置が大事。
訪問者に本当に必要なのはゲームの情報です。

毎日更新

普通のブログの場合は、SEO(サーチエンジン最適化)への影響を考えると毎日更新したほうがいいです。
それは更新頻度が影響するからです。
しかし、ゲームブログに至っては、少し違います。
複数のゲームタイトルを取り扱っているなら毎日更新でもネタに困るようなことはないですが、単体のゲームタイトルに特化したようなブログの場合、かなりの頻度でネタに困ることが起きてきます。
この時、何かネタはないかと探して何も見つからなければ無理して書かなくてOKです。
それは、無理して、どうでもいいような情報が多くなると無駄な情報を出すサイトとレッテルを貼られてしまいます。
一旦、そういう評価を付けられてしまうと信頼を回復するのは至難の業です。
これはゲームサイトにとっては致命的です。
実際いくつかのサイトで潰れてしまったライターを見たこともあります。

しかし無駄な情報と読者に有益な情報の境目は実に曖昧。
自分が面白いものが読者にとっても面白いとは限りません。
読者が求めるのは常に有益な情報です。

自分語りはダメ

上記の無理に更新しないというのと似ていますが、自分語りはなるべく避けるようにした方が良いです。
人間性を求めている読者は”ほぼ”いません。
情報を欲しがっている人が読者として訪れます。
個性は文章で出すようにした方が良いです。

アクセスが大きく増えて、それ以上にアクセスを増やしたい!となった時に個性を開放し人気を得るというのはアリかもしれません。
人気が増えるかは自分次第ですが…
なるべく自分語りはせずフラットな目で情報を見てもらうのが大事です。

運営の批判 = ゲーム批判

これ意外とやりがちです。
最近は発売後もアップデートを行う運営も多くなっています。
そうなると調整の方針やゲームの方向性に疑問を持つ時もあります。
ここで口から出そうになる不満を記事に書いてしまわないでください。
運営の批判は最初のうちはウケることもあります。
ですがその言葉を称賛するのは、そのゲームを心底、愛していない、いずれゲームを離れていくプレイヤーです。
運営の批判 = ゲームの批判
になってしまっているのです。

最後に:ゲーマーは賢い

このブログで常々、言ってますがゲーマーはものすごく賢いです。
ネットやオンライン広告の知識が豊富な人も多いです。
記事の正確性や誤字・脱字を指摘してくる人も意外と多いです。
こう言うとゲームブログなんて手を出したくないと思われるかもしれませんが、信頼を得ると必ずサイトを定期的に見に来てくれます。いわゆるリピーターになってくれます。
正確な記事を、誠実に書く。
これを簡単と考えるか難しいと考えるかはあなた次第です。
でも、始めないことにはゲームで稼げないのも事実です。
>>【初心者】ゲームサイト運営から収入を生む方法とは【仕組み】

コメント

タイトルとURLをコピーしました