Amazonアソシエイト審査のコツ!通らないならアピールで1発合格

affiliate

サイトを開設して収益化したいけど「Amazonアソシエイト」が通らないよ~
どうやったら通る?コツってある?

全てのサイトが「Amazonアソシエイト」の審査を通過している私が審査に通るコツと最後の一押しとなるポイントを紹介します。

審査基準

これが実に厳しいらしい。
らしい、と言ったのは私は5サイト程審査申請しましたが、意外とすんなり参加させてもらっているから。
しかし一部では「Googleアドセンス」の審査を通ったサイトでさえ落ちることがあるので「Amazonアソシエイト」の方が「Googleアドセンス」より審査が厳しいんじゃないかなんて声もあります。

Amazonが提示する不適切なサイト例

規約を見てみるとAmazonが提示している不適切なサイトとする例が挙げられています▼

  • (a) 性的に露骨な内容を奨励または含むサイト。
  • (b) 暴力を奨励するまたは暴力的内容を含むサイト。
  • (c) 誹謗中傷を奨励するまたは誹謗中傷的な内容を含むサイト。
  • (d) 人種、性別、宗教、国籍、身体障害、性的指向もしくは年齢による差別を奨励する または差別的慣行を用いているサイト。
  • (e) 違法行為を奨励または実行するサイト。
  • (f) 甲またはその関連会社の商標や、甲またはその関連会社の商標の変形またはスペル違いをドメイ名、サブドメイン名またはソーシャルネットワークサイトのユーザー名、グループ名その他のアカウント名に含むサイト(例については、商標ガイドラインをご確認ください。)。
  • (g) その他知的財産権を侵害するサイト。
  • (h) 上記のほか、甲が本プログラムに適切でないと判断するサイト。

となっています。
どれも普通にブログを書いていると触れることのなさそうなものばかり。
ただ、これを満たすだけでは通らないことも多いのが事実。

「アピール」は最後の一押し

アピールはどうしても審査が通らない時の最後の一押しと考えてください。
アピールが必要なのは、おそらく人が審査しているから。
もし基準が曖昧だなと考えるなら、それは人間の曖昧さかもしれません。
なので少しだけ熱をこめてアピールしてみれば人は動くはずです。

アピールポイント

審査の申請をする時に「サイトの内容および紹介したい商品」を書き込む箇所があります。
文字数256文字の制限がありますが、そこで目いっぱいサイトをアピールしてください。
私が申請時に伝えるアピールポイントは以下です。

  • 販売とサイトをどう絡めるのか。
  • サイトの強み

これだけではなく、サイトがアピールできるポイントは何でも書き込んでください。
内容が理にかなっていることは大事ですが、私は熱さも大事だと思っています。

「最低限」押さえておくべきポイント

サイトのアピールは最後の一押しと言ったように、それまでにも押さえておくべきポイントがいくつかあります。

ポイントは大きく5つ

  • 丁寧に書く
  • サイト内に運営者情報を設置
  • お問い合わせ、プライバシーポリシーの
  • 設置審査の申し込み時は全ての広告を外しておく
  • 購入履歴のあるアカウントで申請

中にはオカルトっぽい部分もありますが、やっておいて損はありません。
全部押さえておくのがベストです。

丁寧に記入

これは何においても基本です。
誤字、脱字、入力内容に間違いはないか、しっかりチェック。

サイト内に運営者情報を設置

サイトを運営している者の記述がわかりやすいところにないとサイトの信用度は低く見られがちです。
わかりやすく目につくところに設置します。

お問い合わせ、プライバシーポリシーの設置

お問い合わせフォームを導入し誰でもコンタクトがとれるようにします。
プライバシーポリシーを掲載し公開しておく。
これらも信用度の関係かなと思います。
目につく場所に設置します。

購入履歴のあるアカウントで申請する

私はオカルトっぽいなと思うのですが、他サイトを見てみると、この説を唱える人は多いです。
Amazonプライムへの加入を進める方もいます。

審査時は全ての広告をはずす

これも、まことしやか…って感じですが、考えてみるとAmazonは宣伝してほしいのに、他の宣伝もしていると少し気分悪いかな?とも思います。
先に「Googleアドセンス」に通っている方や「ASP」を運用されている方は注意です。

審査にかかる時間・期間

サイトの規模や申請した時刻にもよります。
夜中や朝早い時間に申請すると割と時間がかかりました。
意外と記事数が少ない方がパッとすぐに合格通知が来るような気がします。
もうマチマチとしか言いようがないかな。
目安として私の場合は1時間~2日ぐらいです。

「もしもアフィリエイト」を使ってみてもいいかも

もし、どうしても審査を通過できないのであれば、有名「ASP」の一つでもある「もしもアフィリエイト」を使って申請してみるのも手かもしれません。
私はAmazon直で提携してるので詳しくはありませんが、直での審査よりも若干、審査が緩いというのが言われています。
その他にも報酬の振込手数料が無料だったり(Amazonは300円)、振込される最低金額が1,000円(Amazonは5,000円)だったりとメリットも多いようです。
ただし、審査期間が長く10日前後かかることもあるようなので注意が必要です。

まとめ:何度でもトライ

まとめるとアピールポイントは

  • 申込みに熱を込めてサイトをアピール

最低限押さえるポイントは

  • 丁寧に書く
  • サイト内に運営者情報を設置
  • お問い合わせ、プライバシーポリシーの
  • 設置審査の申し込み時は全ての広告を外しておく
  • 購入履歴のあるアカウントで申請

Amazonアソシエイトは申し込むこと自体は何度でも可能なので、あきらめずトライすることが大事です。
そして最後の一押しにサイトを熱を込めてアピールしてみてください!
必ず通るときが来ますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました